Entries

スポンサーサイト

強健前景草! ストロジンsp.(2)

前回に続き、色々な環境でのストロジンsp。36cm小型南米草畑水槽(13W×1 CO2添加 PH5.8)初めは数株だったのに、今や底面積の約半分を覆っている状態。但し、放置していても勝手に匍匐して広がるわけではないので、脇芽を刺し戻して殖やしました。脇芽を密に出しつつゆっくり上に伸びていく成長の仕方は、アマゾンハイグロというより、テンプルプラント・コンパクトとかに近い感じ。(密集しても下葉が落ちたりはしません)2ヶ月...

お彼岸と彼岸花

芝川の土手にて。なんか凄い花が咲いているなぁと思い、近づいてみるとそれは彼岸花。そういえば思いっきりお彼岸ですね、今。私、よくよく考えたら「お彼岸」とは何かを知りません。お盆と違い、なぜ墓参りするのか由来も知りません。というわけでググッてみました。→ココとかなるほど、本来は墓参りのための仏事では無かったのですね。ヒガンバナ(彼岸花) Lycoris radiata別名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)周囲から浮いたあま...

強健前景草? ストロジンsp.(1)

今年の6月にトロピカ社から新着前景草としてデビューしたストロジンsp.(スタウロギネ?)。弱光、強光、CO2添加、無添加、中性、酸性、ソイル、砂と色々な環境の水槽に実験的に植えてから3ヶ月。(すっかり放置してた・・・)結果、どうやら中々の強健種みたいです。(多少硬度があった方が調子が良いかも。)PH7.2 GH4 KH645cmF水槽に24W1灯、CO2添加無し、枝流木の影に光を減らされながらも、石の隙間に薄く溜まったブライトサ...

ドーンレッド!

と叫びたくなるような名前です。そんなわけで、約2ヶ月ぶりの新規購入草はトリトゥリアsp. ドーンレッド Trithuria sp.オーストラリアのキンバリー高原産で、初入荷当初はホシクサのインボイスが付いてましたが、その後に確認された花芽の形状から、ヒダテラ科とされるようになりました。実はこの草、4年程前に一度気になったのですが当時は高価で、そもそもちゃんと水中で育つのかすら謎だったことから断念してました。以来、忘...

2ヶ月ぶりの通販草

本日二回目の更新ピンポーンはーい約2ヶ月ぶりの通販草でワクワク。さて何でしょう。...

Appendix

プロフィール

のらもも

Author:のらもも

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。