Entries

スポンサーサイト

Piptospatha sp. "TAKA Pendang "

先月のAZ便できた子。私の中で通称「タカペン」(笑単なる若い子株の可能性を捨てきれずも、鉢納まりの良いコンパクトな草体が気になり、加えて子株に見えてもタイプは異なるピプトの成長過程にも興味があったので導入してました。utaraと合わせてもう少し動きが出てから記事にしようと思ってたけど、折角撮影したのでペタリ。Piptospatha sp. "TAKA Pendang "(AZ便 2009/7)左がA.type 右がB.typeと今勝手に名づけました。とにかく...

Piptospatha sp. "ASSAN"(2)

入荷名はブセファランドラでしたが、流石に私から見てもブセには見えないので一応ピプト扱いしていこうと思います。Piptospatha sp. "ASSAN"(Invoice:Bucephalandra sp. "ASSAN"AS便)どういうわけか3枚目から丸葉が出てきました1枚目は現地葉と同じのだったんですけどね。 鉢は2号。今のところとってもコンパクト。追記10月16日のAssan。 うーん、だんだん葉が大きくなってきました。さらに先日下葉が少し溶けてしまった。な...

アクアライフ

45cm区画をメンテナンス中サテライトも4つにまで増えました。でも冬場の保温がちょっと心配。でもいざとなればこれを使う予定ちょっと嵩張るし、コードが邪魔で蓋が閉まらないけど許容範囲ですねイイ感じになってきたインドゼブラシュリンプ。ゼブラの名を冠するに最も相応しいエビなのでは。チャームさんやレヨンさんのサンプル写真タイプの子。別種なのか個体差なのか詳細は不明。ピヨピヨわたくしお料理も作りますのよエスニッ...

クリプトコリネ ヌーリー (ワイルド・一般便)

一般便で来たため、はなまるうどんでたらふく食べた程度の格安お値段ですが、ファーム経由のワイルド株なんだそうです。問い合わせたけどマレーシアは”Kota Tinggi”産で最近出回ったものと同じかは分からず。Cryptocoryne nuriなにげに初ヌーリーなのです葉裏お値段以上ヌーリー♪よーくみると、微かに赤ポッチ水上でやってみたいけど自信ないな他所様を色々回って参考にしなくちゃ...

水田雑草2009 ちょっと追加編

この季節でしか見れないものなので、ちょっと寄り道”黄金の秋”が近づいてきましたな。以前携帯での撮影に失敗してたミズニラだと思うんですが、ミズニラモドキなんてのもいるらしく、胞子の形状による顕微鏡レベルでの同定が必要みたい。ウリカワの花流れがあって比較的水温が低い用水路にはエビモ(ヒルムシロ属)の類綺麗だけどよっぽど調子が良い水槽じゃないと溶けそうだな田んぼによっては水抜きが始まっているので、いよいよ沈...

Appendix

プロフィール

のらもも

Author:のらもも

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。