Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://noramomo3.blog135.fc2.com/tb.php/105-f7fbffca

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

井守


気が付けばブログを始めてから一周年。
今日はどうでも良い回想モードも入って、最古のデジカメデータから思い出の「イモリ」とか。



(2000年 KODAK DC3800で撮影 アカハライモリ♂享年13歳)
まだ私が子供だったころに時に昔ながらの鳥獣店で一匹200円程度で3匹(♂♀♀)購入。
その翌年あたりにシリケンイモリを2匹追加、計5匹のイモリを飼っていました。
餌は週に1~3回で基本的にカメ用の乾燥イトミミズがメインとかなり偏った単一食でして、後期はヒカリクレストのキャットとかあげてました。
彼らはフタを開けると餌の時間だと思うのか写真のように顔を出して良い反応をしたものです。
陸地が比較的好きだったシリケンイモリなんて二足立ちしておねだりするほどでした。


暖かくなってくるとコケの上に産卵なんかもしてました。コケごと卵をプラケースに移して、十数匹程孵化させたのですが、まだあの頃はブラインを使うことを知らなかったので、育てること叶わず・・・。



今は無き60cmイモリ水槽の全体像。(実際はガラスブタびっちり)
陸地部分はティポイントの配水パーツ+チューブでチビチビ湿らせています。
写真は7年ちょっと前のもので高1の時に年賀状配達のバイトを始めてあぶく銭が入って色々買った時に作ったシステムでした。
当時、先入観もなくアクアリウムを知らない人達から見たらこれでも相当本格的に
見えたらしく、先輩や友人から好評だったことが今日までアクアを続けている要因の
ひとつかも。
原点はフィールド採集→飼育が趣味だった親父と兄の影響ですけどね。
一人暮らしをはじめた学生時代、とんでもないド田舎の下宿先近辺にアクアショップ
が2件もあったのも奇跡でした。


さて、ひっそりマイペースでやっているつもりのこのブログ。
いつまで続くのやら~。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://noramomo3.blog135.fc2.com/tb.php/105-f7fbffca

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

のらもも

Author:のらもも

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。