Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://noramomo3.blog135.fc2.com/tb.php/152-62b84722

トラックバック

コメント

[C73] re>はじめまして

はじめまして、Fisheyeさん!
リンクも碌に繋がっていない辺境のブログへようこそ^^

>>ナウシカ原作漫画
百聞は一見にしかず、決してファンの色眼鏡ではなく、普通に一つの長編漫画としても本当に面白いですものね。
結末は賛否両論ですが、私が全巻読み終わった時は、虚脱感というか放心状態でしたw
ついに終わっちゃったんだな~・・・みたいな。
なにせ私のアニメ好きの原点はナウシカ、ラピュタ、カリオストロを初めとした宮崎作品でしたから。
>>原作映像化
実はクシャナ戦記という原作の戦争色を映画化する企画を強い口調で切り捨てた
経緯があるので難しいかもしれませんね。
>>56監督作品
私は「まずは先入観を消して観てみよう派」なので、劇場まで足を運んだのですが、個人的に残念な作品でした;

さて、今月はポニョを観に行く予定です。
楽しむべきは、まず子供。次に大人といった作りなのでしょうが楽しみです^^
  • 2008-07-13 01:15
  • greentetora
  • URL
  • 編集

[C74] はじめまして。

ナウシカ原作は面白すぎです。
7巻読み終えたときの充実感は計り知れません。
よくこれだけの内容を7巻に納められたなと。
濃度が違うというか、何十冊も読み終えたような充実感が得られますよね。
改めて宮崎駿は天才だなと思いました。

緻密に設定された世界観だとか、そこへ住まうキャラクターたちの躍動感だとか・・・魅力はあげればキリがありません。
20年以上前にかかれた作品ですが不朽の名作ですね。
なんか最後の遺作にはこの原作を映像化してほしかったり^^;

息子さんのはそもそも見ようとも思いません(笑)
  • 2008-07-12 08:45
  • Fisheye
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ゲド戦記

があまりにも・・・あまりにもアレ(劇場でも見たけど)なので、パパの代表作を読み直してみました。


実はあのナウシカには、宮崎駿監督本人が12年の間に執筆した原作漫画があって、



映画で語られる話は原作コミック全7巻中、2巻途中(計216P)までの、ほんの
序章だという事を知っている人はどれだけいるのでしょう。
(表現や尺の問題で内容には劇場版との相違点はありますが)

その2巻以降では、ユパ様が、ナウシカと、劇場版では敵だったトルメキア兵が・・・
クシャナが、クロトワが、アスベルが、新キャラクターが・・・


やばい、本当に面白い。
「風の谷のナウシカ」が劇場版で終わったと思っていた人には、色々と厳しい展開も
多々ありますが、監督自らが執筆した、「風の谷のナウシカ」という物語の「続き」と
「結末」を知る勇気がある人には必読でしょう。
でも劇場版のイメージを大切にしたい人にはやっぱり・・・。
うーん、「漫画好きの大人」なら絶対面白いと思うんですけどね。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://noramomo3.blog135.fc2.com/tb.php/152-62b84722

トラックバック

コメント

[C73] re>はじめまして

はじめまして、Fisheyeさん!
リンクも碌に繋がっていない辺境のブログへようこそ^^

>>ナウシカ原作漫画
百聞は一見にしかず、決してファンの色眼鏡ではなく、普通に一つの長編漫画としても本当に面白いですものね。
結末は賛否両論ですが、私が全巻読み終わった時は、虚脱感というか放心状態でしたw
ついに終わっちゃったんだな~・・・みたいな。
なにせ私のアニメ好きの原点はナウシカ、ラピュタ、カリオストロを初めとした宮崎作品でしたから。
>>原作映像化
実はクシャナ戦記という原作の戦争色を映画化する企画を強い口調で切り捨てた
経緯があるので難しいかもしれませんね。
>>56監督作品
私は「まずは先入観を消して観てみよう派」なので、劇場まで足を運んだのですが、個人的に残念な作品でした;

さて、今月はポニョを観に行く予定です。
楽しむべきは、まず子供。次に大人といった作りなのでしょうが楽しみです^^
  • 2008-07-13 01:15
  • greentetora
  • URL
  • 編集

[C74] はじめまして。

ナウシカ原作は面白すぎです。
7巻読み終えたときの充実感は計り知れません。
よくこれだけの内容を7巻に納められたなと。
濃度が違うというか、何十冊も読み終えたような充実感が得られますよね。
改めて宮崎駿は天才だなと思いました。

緻密に設定された世界観だとか、そこへ住まうキャラクターたちの躍動感だとか・・・魅力はあげればキリがありません。
20年以上前にかかれた作品ですが不朽の名作ですね。
なんか最後の遺作にはこの原作を映像化してほしかったり^^;

息子さんのはそもそも見ようとも思いません(笑)
  • 2008-07-12 08:45
  • Fisheye
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

のらもも

Author:のらもも

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。