Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://noramomo3.blog135.fc2.com/tb.php/197-e96a286a

トラックバック

コメント

[C125] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C126] re>一直線

こんばんは^^
尾鰭は特徴を受け継いでいますが、一文字の親から生まれたわけでは無いので偶然の産物ですが、そう言って頂けると増して大事にせねば!と気合が入ります^^(とはいっても特別な事はしませんが)
取りあえずはこのペアの仔がどうなるか楽しみです。
  • 2008-10-10 23:56
  • greentetora
  • URL
  • 編集

[C127] 一直線

なかなかここまで綺麗にラインが出る個体を見たことが無いので凄いと思います。
だいたい腹部で切れてたりするものがほとんどですから。
オレンジの発色もよく、大切に飼われているのがよくわかります^^
  • 2008-10-10 01:11
  • Fisheye
  • URL
  • 編集

[C128] re>Unknown

こんばんは^^
そのように喜んでいただけると、30分水槽に張り付いていた甲斐がありました!
>>飼育時の感想
変な情報を流すのが怖いので、かなり遠慮して書いたのですが参考になって頂けて良かったです。
どうも綺麗でも古い水はあまり好まないようです。
>>表現が良い意味でバラけているもの
確かに良い意味でラインがバラけている個体もいますよね。
途切れていて決して長くないけど、太く均等なラインの個体もバランスが良くて素晴らしいと思います!
>>お店
自分なりにお気に入りの個体を販売水槽から選んで、お持ち帰りするワクワクは何ものにも変え難いですしね^^
通販でしたらメールで好みの個体を問い合わせるのも良いかも知れません。
ハナトミさんで以前魚を買ったときはメールで対応してくれました。
>>レガニ
私も詳しい事は分からなかったので記事には書きませんでしたが、コメント欄という事でちょっと書きますと、
某有名専門店さんによればアマゾン川下流域産と思われるカエティ系の未記載種(レガニグループ)だそうです。
また、アピストグラマsp.ベレンで検索すると見つかる画像の個体や
ピーシーズ本⑥の103P右上の写真個体(カエティ似とされるベレン産sp)とも酷似しているので、
もしかしてこれかな?とペーペーなりに微妙な認識をしています。^^;
光合成ポコポコの低PH水槽に入れたてから、緑が消えて青が強くなり、がらりと雰囲気が
変わったのには驚きました。
  • 2008-10-10 00:12
  • greentetora
  • URL
  • 編集

[C129] Unknown

す、素晴らしいですね!!!(笑
魚の美しさもそうですが、これ系をこんなに綺麗に撮れる腕前にも感服です(笑
飼育時の感想、とても参考になりました。色々と販売されている個体の画像を見ましたが、表現が良い意味でバラけているものや、若魚なのかもしれませんがラインほとんど無しで残った部分はメスと同じ柄・・・みたいなものもいたので、ご紹介いただいたお店のようなある程度信頼の置けるお店等で購入したほうが無難かもしれませんね、ありがとうございました。
あと下のアピはレガニ系なんでしょうか?こっち系は全くわかりませんが、色合いと言い渋くてこういったタイプも水草に似合いますね・・・おっしゃるように一般受けは難しいかもしれませんが(笑
  • 2008-10-09 10:58
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ミクロポエキリアsp.オレンジライン(4)


新規で立ち上げて1ヵ月半、主役不在のまま回してきた36cm水草水槽。
ようやく濾過も水も自信が持ててきたので、先週やっと主役を招くことになりました。

ミクロポエキリア sp.オレンジライン Micropoecilia sp. orange line(ワイルドF2)
E-520 + ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro



約半年ぶりの再登場。
尾鰭はツースポットだけど、ラインは途切れている、特に素質があるわけでもないワイルドF1の親から生まれた個体。
最大の特徴とも言えるオレンジラインにはかなりの個体差があり、腹部辺りから途切れているもの、途切れず一文字になるもの、体半分にしかラインが無いものなど、千差万別です。
因みに2cm前後の若魚時代のラインは成長とともに大分変化するため、あまり当てにはなりません。
この個体は2.5cm超とすでに成魚サイズなので、ラインはこのままで安定すると思います。

尾びれのスポットも0~2個と個体差があります。

きっとライブベアラーを長年本気で取り組んでいる方々からしたら、偶然生まれた個体ですし、
並レベルかもしれないと自分に言い聞かせつつも内心はやっぱり、かなりのお気に入り個体なのです。



コメカミから伸びた一文字ライン。
ちゃんと累代維持できるのかなぁ・・・。



興奮するとオレンジラインにそって黒い縁が現れます。
尚、この黒縁の量も個体差が。



尾鰭側の黒いスポットは体の片方側にしか現れないようで、場所も個体によって様々です。
(体中心より頭部側には出ない?)


早速、このペアの仔魚も生まれてます。



CO2添加、36cm水草水槽に1prのみと私的にはVIP待遇。

最後に10ヶ月ほどですが、シッタカしない程度に飼育した感想など。
餌ですが健康体であればアカムシ、ブライン、水面に浮いたフレーク、顆粒餌など沈んだものまでなんでも積極的に食べてくれます。
環境に馴染めば水槽を叩くと集まってくるほど人馴れして、動きも非常に活発。
特に♂は一日中♀を追っかけているので、過労死するんじゃないかと心配になるほどです。
但し水質の悪化には割と敏感なようで、硝酸塩や亜硝酸が試薬の検出可能範囲以下でも、換水を怠ったりするとカラムナリスに罹り易かったです(特に♂が罹りやすい)。
一方PHの適応範囲は広く、5.5~6.5程度で飼育してましたが体調や体色に差は感じませんでした。
適度な定期換水を怠らず、水草の光合成が見られるような環境ならなんの問題も無いと思いますが、混泳水槽で適当に管理しているといつのまにか消えてしまう、弱い部類の魚だと思った方が良いと思います。


DATA
5.9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://noramomo3.blog135.fc2.com/tb.php/197-e96a286a

トラックバック

コメント

[C125] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C126] re>一直線

こんばんは^^
尾鰭は特徴を受け継いでいますが、一文字の親から生まれたわけでは無いので偶然の産物ですが、そう言って頂けると増して大事にせねば!と気合が入ります^^(とはいっても特別な事はしませんが)
取りあえずはこのペアの仔がどうなるか楽しみです。
  • 2008-10-10 23:56
  • greentetora
  • URL
  • 編集

[C127] 一直線

なかなかここまで綺麗にラインが出る個体を見たことが無いので凄いと思います。
だいたい腹部で切れてたりするものがほとんどですから。
オレンジの発色もよく、大切に飼われているのがよくわかります^^
  • 2008-10-10 01:11
  • Fisheye
  • URL
  • 編集

[C128] re>Unknown

こんばんは^^
そのように喜んでいただけると、30分水槽に張り付いていた甲斐がありました!
>>飼育時の感想
変な情報を流すのが怖いので、かなり遠慮して書いたのですが参考になって頂けて良かったです。
どうも綺麗でも古い水はあまり好まないようです。
>>表現が良い意味でバラけているもの
確かに良い意味でラインがバラけている個体もいますよね。
途切れていて決して長くないけど、太く均等なラインの個体もバランスが良くて素晴らしいと思います!
>>お店
自分なりにお気に入りの個体を販売水槽から選んで、お持ち帰りするワクワクは何ものにも変え難いですしね^^
通販でしたらメールで好みの個体を問い合わせるのも良いかも知れません。
ハナトミさんで以前魚を買ったときはメールで対応してくれました。
>>レガニ
私も詳しい事は分からなかったので記事には書きませんでしたが、コメント欄という事でちょっと書きますと、
某有名専門店さんによればアマゾン川下流域産と思われるカエティ系の未記載種(レガニグループ)だそうです。
また、アピストグラマsp.ベレンで検索すると見つかる画像の個体や
ピーシーズ本⑥の103P右上の写真個体(カエティ似とされるベレン産sp)とも酷似しているので、
もしかしてこれかな?とペーペーなりに微妙な認識をしています。^^;
光合成ポコポコの低PH水槽に入れたてから、緑が消えて青が強くなり、がらりと雰囲気が
変わったのには驚きました。
  • 2008-10-10 00:12
  • greentetora
  • URL
  • 編集

[C129] Unknown

す、素晴らしいですね!!!(笑
魚の美しさもそうですが、これ系をこんなに綺麗に撮れる腕前にも感服です(笑
飼育時の感想、とても参考になりました。色々と販売されている個体の画像を見ましたが、表現が良い意味でバラけているものや、若魚なのかもしれませんがラインほとんど無しで残った部分はメスと同じ柄・・・みたいなものもいたので、ご紹介いただいたお店のようなある程度信頼の置けるお店等で購入したほうが無難かもしれませんね、ありがとうございました。
あと下のアピはレガニ系なんでしょうか?こっち系は全くわかりませんが、色合いと言い渋くてこういったタイプも水草に似合いますね・・・おっしゃるように一般受けは難しいかもしれませんが(笑
  • 2008-10-09 10:58
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

のらもも

Author:のらもも

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。