Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://noramomo3.blog135.fc2.com/tb.php/96-447a0b88

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

温泉のそばのアルビダ


懲りずにタイ便採集物第3弾。
これも前回、前々回と同便同産地のアルビダなのですが採集ポイントはなんと「温泉のそば」で、Rootsさんにのみ入荷されました。


クリプトコリネ・アルビダ ラノン産 「温泉のそば」
Cryptocoryne albida "ranon" Near hot spring

Rootsさんの説明にあった通り「小ぶりで茶色」です。葉柄が短く非常にコンパクトで根から葉先まで7cm程度と中々好みのサイズ。



新芽が緑掛かっていますが途中から茶色が乗りはじめているので葉の成長とともに茶色くなる?



取りあえず2号鉢に植え込みました。
用土はアマゾニア+桐生砂の予定でしたがどちらも丁度切らしていたので粒上培養土とパワーサンドSと気持ち程度に苦土石灰を混合。(他の2つも)
ケースの湿度は75~80%で照明は20W×2を8時間、腰水PHは6.7前後で管理することになります。



というわけで、

左から「温泉のそば」「滝のそば」「記載無し」と3つのラノン産アルビダが揃ったわけですが、果してそれぞれ人工栽培下でも三者三様の成長を見せてくれるのでしょうか。


あ、そういえば「溶ける」という可能性を全く考えていないですね。
テンションって怖いです。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://noramomo3.blog135.fc2.com/tb.php/96-447a0b88

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

のらもも

Author:のらもも

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。