Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助けてナウシカ

P9124832.jpg
パターン”油”です

P9124834.jpg
ヒャッハー

P9124842.jpg
どぼーん

P9124843.jpg
神の視点

P9124844.jpg
丁寧に灰汁を掬う職人の如く

P9134851.jpg
ついでにケース内もメラミンスポンジでゴシゴシしてすっきり。お水は水草水槽から。

P9134857.jpg
すっきり。そして裏が赤いバタンアイ。細葉の方も薄っすら赤い。

P9134860.jpg
葉色はそうでもない。

ああ次はクリプトだ・・・

ハズレのアマゾニア

ソイルなんて初期に差が出るだけで1年以上使い込めば最終的に大体一緒なのでは?
それにうちのアマアゾニアは数年前のだからかも知れないけどちゃんとPH下がるよ。
そう思って巷のアマゾニア品質劣化論に他人事だった時期が私にもありました。

新規水槽セットに伴い6月に購入したアマゾニアに出会うまでは。

公式にアナウンスされているようにPH6.5~6.8の弱酸性ならそれほど問題は無いんです。
個人的にPH降下作用は新規水槽のろ過や土壌がこなれてくるまで続いてくれれば良いかなと思ってますので。
それに環境がこなれてくればおのずとPHなんて下がってきますし、KHマイナスで調整も出来ます。
黄ばみも換水を繰り返してPHが弱酸性で安定してくれば落ち着いてくるのでそれほど気にしませんでした。

でも3ヶ月もPH7.3でガッチリ固定されてしまうと話は変わってきます。
流石に草によっては萎縮しますしワイルドハニーグラミーなんかは体色褪せまくって痩せてくる始末。
KHマイナスで下げようが、プラチナソイルを混ぜようが翌日には7を超えてしまう。
しかも黄ばみはPHが上がると顕著になるという性質上、非常に悪循環。
はじめは頑張って立ち上げてみようと思いましたが、生体の調子が落ちるのでは流石にのんびり落ち着くのを待つわけにもいかないのでリセットと相成りました。

さて以前からサポート絡みでは愛好家からも特約店からも全く良い話を聞いたことの無いADA。
私自身も昔、水槽絡みで嫌な目にあったADA。

今回もどうせ「仕様です」とか言ってくるだろうなとの覚悟でやんわりクレームを入れましたところ、こっちで検査するので未使用分を送って欲しいとの事。
まぁそりゃそうでしょう。どうぞどうぞ。
結果はPH7.12(うちは7.3はあったけど)だったのでPHを上げる土が混ざっている可能性が高いとのことでした。
そうでしょう。いくら下げても翌日には7超えるのだから何か滲み出てるのでしょう。

というわけで、リセットで疲れたしソイルもお安くないのよ!というようなニュアンスでちょっと愚痴りましたところ、一応の謝罪もありましてメーカー側でPHチェックした代品が送られてきました。
それでも失った時間と労力は戻ってきませんが。
全く、アメリカじゃなくて良かったね。

でももうプラチナソイルに変えちゃったししばらくアマゾニアは使う気になれませんね。


因みにプラチナソイルは一時的でしょうが取り合えずPH5.3~5.5くらいまで下げてくれました。
イジケ気味だったゴイアスドワーフロタラなんか一気に調子を戻しました。
まだ長期使っていないのでなんとも言えませんが、感触は昔のアマゾニアに近い感じがします。
何より安い。

A&Fなんかは底面との併用でなくとも、肥料分とかこっちで調整したりすれば大磯に近い感覚で長期間付き合えそうな気がします。
ところで吸着系ソイルのプレイクポイントなんて話をちらほら目にしますが、ホントにあるんでしょうか?
ゼオライトや活性炭での話は、一般的な淡水水槽では大きな影響を与えることはほぼありえない都市伝説?らしいですがちょっと気になる。

水田雑草2010

(予約投稿テスト)

黄金の秋が近づいて参りました。
今年の夏はなんやかんやで歴代BEST3に入るほどなんも出来ませんでした。

取り合えずホシクサだけ見納めてきましたのでパシャパシャ。
P9094825.jpg

P9094772.jpg

P9094774.jpg

P9094776.jpg

P9094778.jpg
種を少々頂きました

P9094797.jpg

P9094800.jpg   

P9094827.jpg

P9094830.jpg

P9094821.jpg  

Appendix

プロフィール

のらもも

Author:のらもも

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。